「三菱スターキャンプ2017 in 朝霧高原」レポート

三菱自動車が主催する人気キャンプイベント「スターキャンプ2017 in 朝霧高原」が7月29日(土)、30日(日)の2日間、静岡県の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場で開催された。

1組5000円で参加することができ、さまざまなアウトドアアクティビティやアコースティックライブにくわえて、三菱のSUV試乗会や4WD登坂キットなどの体験もできるとあって、クルマ好き、アウトドア好きが集まる人気イベントとなっている。参加は抽選制で、車で参加することができれば三菱車オーナー以外も応募可能だ。第15回となった今回は、たくさんの応募の中から運よく当選した220組791人が参加して開催された。

 

会場は富士山の麓にある「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」。メイン会場となる大きな広場には、スラックライン、トランポリンなどのアクティビティがズラリ。

高さが8mもある本格的なクライミングウォールまで登場。あまりの高さに途中で怖くなってギブアップする子どももいるほどだが、その分、登った時の達成感は大きい。

コールマンのガーランド作りや、丸太切り体験、竹を使ったキャンドルホルダーなどのワークショップも随時開催され、1日中飽きることなく遊べるので、特にファミリーや初心者キャンパーには嬉しい。2日間を通して雨が降ったり止んだりだったが、子どもたちはそんなのお構いなしに遊んでいた。

巨大なパエリア鍋で作る豪快なパエリアはキャンプならでは。他にも、好きな具材を組み合わせて自分だけのバゲットサンドを作って、半分は自分で食べ、もう半分は他の人が作ったものを食べたり、参加者が3つのチームに分かれて、それぞれ味の違う鍋料理(味噌トマト鍋、カレー豆乳鍋、納豆キムチ鍋)を作って食べ比べたり。型にハマらないアウトドア料理の自由さ、みんなで一緒に食べる楽しさを感じることができる仕掛けになっていた。

そして、子どもにも大人にも人気だったのが、「4WDキット同乗体験会」。

ダカールラリーで日本人初の二連覇を達成したラリードライバー増岡浩氏が運転するデリカやパジェロで45度の登坂や階段などの悪路走行を体験できる大人気プログラム。大人は三菱車の極限の性能を体感しつつ我が家の愛車のポテンシャルや安全性に驚き、子どもたちはまるでジェットコースターのようなスリルを楽しんでいた。

三菱自動車といえば、ラインナップの大半がアウトドアと親和性の高い車。キャンプ場内の林道を利用した試乗も、三菱車らしさを体感できるとあって大好評。アウトランダーPHEVの試乗では、自分でハンドルを握ってPHEVならでは静かさや走りのスムーズさ、前後2つのモーターによる4WDの力強さなどを感じることができる。

また、会場ではPHEVのバッテリーを使ったスマホ充電コーナーなどもあり、災害時やアウトドアでも役立つことを実感できる。

さらには、アウトドアギアをイメージしたオレンジ色のパーツが目を引くアウトドア派に人気が高い特別仕様車「アクティブギア」など、数々の三菱車が展示され、今年の3月にジュネーブモーターショーで世界初披露された新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」も特別展示! いち早く実物をチェックできたのは三菱ファンとしては嬉しいところだろう。

今回のスターキャンプには、三菱自動車のアンバサダーをつとめるアルピニスト野口健氏も愛車のアウトランダーPHEVで駆けつけ、エベレストの標高をナンバーにした愛車が展示されていた。

夜はキャンプファイヤー、野口健さんのトークショー、アコースティックライブとイベント盛りだくさん。

ライブを披露したのはFLYING KIDSのボーカルでソロ活動もしている浜崎貴司さん。三菱自動車「FTO」のCMソングだったFLYING KIDSの「セクシーフレンド・シックスティーンナイン」をはじめ、お父さん世代も子ども世代も楽しめるカヴァー曲もまじえながら会場を盛り上げた。雨の中ではあったが、1時間たっぷりとライブを届けてくれ、参加者には特別な思い出となったことだろう。

今年のスターキャンプは8月末に宮城県の吹上高原キャンプ場でも開催されるダブル開催。こちらの様子も近日レポートをアップ予定!来年度の開催を心待ちにしよう。

TEXT/赤ワイン PHOTO/中里慎一郎